オリエンタル速報

日本と特亜の2chニュースをまとめている日本応援ブログです

    1: 名無しの保守さん 2017/11/14(火) 23:20:49.25 ID:CAP_USER

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日(現地時間)、東南アジア国家聨合(ASEAN)関連首脳会議が開かれているフィリピン、マニラでドミトリー・メドベージェフ、ロシア総理と両者会談を持った。

    ムン大統領はこの日の昼12時半から約30分間、フィリピン国際コンベンションセンターで(PICC)両者会談を持って両国協力関係発展の方向性と北朝鮮核ミサイル問題などについて意見を交換した。ロシアナンバー2のメドベージェフ総理はこの日午後、マニラで開かれる東アジア(EAS)首脳会議に参加するためフィリピン訪問中だ。

    EASはアセアン+3(韓国、中国、日本)にオーストラリア、ニュージーランド、インド、米国、ロシアなど18カ国が参加する対話フォーラムだ。ロシアはEASにウラジミール・プーチン大統領の代わりとしてメドベージェフ総理が参加している。本来予定になかった今回の会談はロシア側の要請で行われたという。ムン大統領は9月にウラジオストックで開かれた東方経済フォーラムでプーチン大統領と首脳会談を持ったのに続き2カ月でロシアの第1、2人者の両方と会談を持ったことになる。

    ドナルド・トランプ大統領のアジア歴訪を契機に始まった東北アジア外交「スーパーウィーク」の間、ムン大統領は4強国家のうち日本を除く米国、中国、ロシア指導者と会談を持った。ムン大統領と日本の安倍晋三総理は10~11日、ベトナム・ダナンで開かれたアジア太平洋経済協力体(APEC)首脳会議と13日からマニラで開かれているアセアン関連会議に並んで参加している。ダナンに到着した10日からマニラを離れる15日まで6日間、同じ場所で動くが特に会談はしなかった。

    大統領府高位関係者は「私たちは日本に会談を提案しなかったし、日本からも提案はなかった」と話した。ムン大統領が中国との関係を意識して日本と意図的に距離をおく「ジャパン・パッシング」をしていると見られる。日本は中国が警戒心を持つ韓米日3国合同軍事訓練を推進し、中国孤立戦略の「インド、太平洋構想」に韓国の参加を要請している。

    これに先立ちムン大統領はこの日午前、アセアン+3首脳会議に参加し、リー・シェンロン、シンガポール総理と首脳会談を持った。

    ムン大統領はアセアン+3首脳会議で今年スタート20周年をむかえたアセアン+3の協力成果を点検し、未来発展方案について意見を交換した。ムン大統領は「1997年アジア金融危機を成功的に克服するのに中枢的な役割を果たしたアセアン+3協力がスタート20周年を迎え、域内構成メンバーの人生を守る東アジア共同体実現のためにもう一次元、成熟していく必要がある」と強調した。

    ムン大統領は「今回の東南アジア歴訪の際に発表した韓-アセアン未来共同体構想がアセアン共同体の繁栄に寄与することにより、東アジア共同体実現の基礎になることを期待する」と話した。ムン大統領はこの日午後、EASに参加して北核問題と非伝統的安保脅威地域情勢などについて意見を交換する。引き続き領域内包括的経済パートナー協定(RCEP)首脳会議に参加する。

    マニラ(フィリピン)=ファン・ジンヨン記者

    no title


    ソース:アジア経済(韓国語) ムン大統領、「ジャパンパッシング」…首脳外交「スーパーウィーク」に米・中・ロ1~2人者会いながら安倍は「パス」

    http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2017111409281488141


    続きを読む

    1: 名無しの保守さん 2017/11/14(火) 15:18:11.80 ID:CAP_USER9
    小池百合子東京都知事は、希望の党の代表を辞任したいという意向を周辺に伝えました。

    no title

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171114/k10011222981000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    続きを読む

    1: 名無しの保守さん 2017/11/13(月) 20:11:16.81 ID:CAP_USER


     韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、米有力紙の「ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)」が激烈な批判を見舞った。北朝鮮に融和的かつ、中国に擦り寄る文氏の行動について、「文氏が信頼できる友人だとは思えない」などと社説で指摘したのだ。同紙の記事を、韓国メディアは相次いで取り上げ、狂乱状態となっている。(夕刊フジ)

     ドナルド・トランプ米大統領の訪韓(7~8日)について、韓国紙は社説で好意的な評価を示していた。

     《トランプ大統領初来韓、韓米同盟の新たな契機に》(朝鮮日報)

     《深い共感を得たトランプ訪韓…「力を通じて平和を守る」》(中央日報)

     だが、トランプ氏の訪韓成功との見方は、韓国側の一方的な思い込みに過ぎなかったようだ。米保守層に支持されるWSJは7日付の社説でこんな見出しを掲げた。

    (全文は配信先で読んでください)

    trhy


    産経ニュース2017.11.13 11:45更新 
    http://www.sankei.com/world/news/171113/wor1711130017-n1.html  続きを読む

    1: 名無しの保守さん 2017/11/11(土) 11:10:45.61 ID:CAP_USER9


     河野太郎外相は10日、中国の習近平国家主席が9日のトランプ米大統領との共同記者発表で「太平洋には中国と米国を受け入れる十分な空間がある」と発言したことについて「中国は太平洋と接していない」と不快感を示した。BS朝日の番組収録で述べた。

     習氏の発言は、太平洋の東を米国、西を中国が管理し、太平洋を米中で二分しようとする中国側の膨張政策を念頭に置いたものとみられる。中国が太平洋に進出するには、東シナ海か日本海を経由する必要があり、太平洋への出口に覆いかぶさる日本列島が中国にとっては海洋進出の障害となっている。

     河野氏はこうしたことを念頭に「太平洋と接しているのは日本だ。米中で太平洋をうんぬんということにはならない」と中国を牽制(けんせい)した。

    plt1709290052-n1


    http://www.sankei.com/politics/news/171110/plt1711100036-n1.html  続きを読む

    1: 名無しの保守さん 2017/11/11(土) 08:29:59.43 ID:CAP_USER

    【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は10日、ソウルで行われた「繊維の日」の記念式典であいさつし、「恐らく年内になると思うが、日本との関係も中国と似た方法で修復されることを期待している」と述べた。

     また、「貿易に携わっている方々に国ができる最も基本的なことは、外国との関係を良くすること」と強調した。

     米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備を巡り対立していた韓国と中国は外交当局間の協議を続け、10月31日、交流協力の強化が双方の利益になることで一致し、あらゆる分野での交流協力を早急に正常化することで合意したと発表した。

    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000059-yonh-kr  続きを読む

    このページのトップヘ